24時間営業の将棋倶楽部です。


第22回

大会


交流サイト 基準点検索 ルール  倶楽部24トップへ 予選1 予選2 予選3 本選

 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 
第15回  第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 2017.6.31 席主(久米)

 

 概略(簡単に言うと)

  1. 1チーム3名以上:4名の基準点合計6400点以下。3名の場合は4800点以下
  2. リレー将棋:先後15手づつ合わせて30手指して交代。
  3. 対局日時:原則土曜日21:00開始に固定。

 

 参加チーム募集

参加受付締切 6月30日24時 交流サイトでチーム登録まででOK
希望日登録締切 7月7日24時 メンバが決まっていないとNG
 

チーム編成

リレー交流サイトでチーム登録あるいはチーム入会ください。
少なくとも次の条件満たすメンバ3人以上集めて下さい。
 
(1)合計リレー基準点が1チーム4名の場合は6400点以下(初段4人相当)
   1チーム3名の場合は下記注。
(2)土曜日21:00から対局可能(都合悪い場合代打OK)
(3)なかよしであること

(注)チームリーダがメンバ選定、順番、代打選定の全権を持ちます。

(注)今回から1チーム3名での参加も可能です。
    ・3名の基準点合計はR4800点(1600×3)以下
    ・4将は基準点の一番低いメンバが指して下さい
    ・基準点の一番低いメンバ同点の時は試合ごとに決めてください
    ・1将〜4将まで代打(含む直前代打)は不可

メンバ参加条件

5月31日24時時点で、
(1)通算対局数200局以上
(2)最高R表示があること(つまり通算30勝以上)
(3)過去1年の対局ポイント 100以上
(ただし24名人戦A以上はこの限りでない)

参加条件クリアされていらっしゃる方は交流サイト基準点一覧に載り、リレー参加可能となります。

(注)HNを複数お持ちの方は、本大会では
参加条件をクリアした最もリレー基準点が高いHNで参加ください。

参加される方はルールを見ておいてください。
特に下記禁止ルールは他のメンバに迷惑となりますのでご注意ください。
    不正禁止のルール
    同じ場所、同じPCから複数参加禁止のルール
    ニコ生HNでの参加不可
 

参加受付

参加受付はリレー交流サイトでチーム登録すればOK。ただし合計リレー基準点が6400点以下で4名がそろっている必要があります。

予選-第1試合の希望日は、次の5日間の中から
第1希望と第2希望を交流サイトで登録ください。7/7までに
全て21時からの開始です。
  
  7/15(土)21時から
  7/16(日)21時から
 
  7/21(金)21時から
  7/22(土)21時から
  7/23(日)21時から
 
7/10ごろに組み合わせ発表します。
予選は、2勝通過、2敗失格です。

大会スケジュールはここをクリックください。

 

 対局方法

  1. チームリーダは対局前日までに、指定された順番受付方法にて1将、2将、3将、4将がどなたかを宣言してください。
  2. 1将の方が@「チーム名」特別IDでログインし、特別対局室で対局開始してください。
  3. 30手指すとシステムが自動中断しますので、双方ログアウトします。
  4. 同様に2将、3将、4将の方が上記2、3を繰り返します。中断の指し手数は、それぞれ60手、90手、120手となります。
  5. 4将の方が指し終わっても(120手)決着つかない場合、最初に戻り1将同士で再開します。

例)ShadaiチームとMatikaneチームが対戦した場合

@Shadai 1将 ・・ 2将 ・・ 3将 ・・ 4将 ・・ 1将 ・・

30手
中断

60手
中断

90手
中断

120手
中断

150手
中断
@Matikane 1将 ・・ 2将 ・・ 3将 ・・ 4将 ・・ 1将 ・・
  • トーナメント戦ですので1回負けたら終わりです。
  • 試合は毎週土曜日に行います。

 

 メンバ構想テクニック

  • 初段レベルの方を平均的にそろえるのも一案ですし、
  • HAHAHAさん(3000点)レベルをスカウトして他の3人を4〜6級でそろえるのもいい案でしょう。(^−^)
  • HAHAHAさんレベルを2人スカウトすると、他の2人を11〜14級でそろえないといけないですね。
  • さらにメンバの順番を工夫しないと勝ち抜いていけません。
  • 終盤に入る3将が大切でしょう。
  • 最後にエースも相手にとって脅威です。でも90手までで終わってしまったら、宝のもちぐされになる危険もあります。
  • また、相手の順番も思い巡らせないといけないですねえ。
  • 1将でなんとかふんばり、残り2将から4将まで相手よりちょっとづつ強い順番であれば理想的です。